晴れときどきハンドメイド

ハンドメイド関係の記事を上げていきます。

出汁を取ったあとの昆布の使い道を考えてみた

今週のお題「わたしの自由研究」

 

何気にお題にも便乗してみます。ほぼ毎日、自由研究状態でもありますのでw。

 

出汁を取ったあとの昆布を捨てるのってもったいないな〜〜と思っています。

それで食べてみようかなとも思ったのですが、そもそも間食をする習慣がないし、間食をするとしても、あえて昆布はなぁ…と思っておりました。

 

最近、ハーブにハマっていることからハーブ研究家のベニシアさんの「ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし」という本を図書館で借りて読んでいたところ、なんと昆布とローズマリーのシャンプーなるものが!

 

最近我が家では紅茶にローズマリーを入れて飲むのですが、出がらし状態のローズマリーをそのまま捨てるのももったいないなと思っておりました。

ちなみに紅茶のティーバックは鍋の油汚れなどを落とす時に使っています。

 

出汁を取ったあとの昆布と、出がらしのローズマリーを使ってシャンプーを作ってみました。

 

なおベニシアさんの本を参考にさせてもらっていますが、当方が扱う材料は出汁を取ったあともののや出がらしです。

本を参考にさせてもらっているとはいえ、かなり自分のアレンジを加えてしまっているので作られる際はベニシアさんの本を必ず当たられることをオススメします(重要)

 

当ブログを参考にして作られた場合、いかなる責任も取れませんのでご了承ください。

 

早速作ってみました!

 

用意した材料

・出汁を取ったあとの昆布

 

ローズマリーの出がらし(3回分くらい)

 

無添加石鹸(添加物が何も入っていない、純石けんのもの)

今回は以下を使用しました。

無添加せっけんCF 80g×3個【3990円以上送料無料】

 

精油

今回は以下を使用しました

ラベンダーフレンチ アロマエッセンシャルオイル(精油)10ml

 

・保温容器、ミキサー、ざる、割り箸

 

・おろし金(100均で売っているもの)

 

→石鹸をおろし金でゴリゴリと削ると、おろし金に石鹸が詰まって取れないので、クラフト用におろし金を購入しました。

 

・シャンプーを入れる瓶(使用する前に熱湯消毒をしました)

 

 

 

 

① 鍋に昆布とローズマリーを一緒に入れて、水が浸るくらいまで入れ、沸騰するまで煮ます。

 

② ①が煮立ったら、保温容器に入れて1時間くらい放置し、煎液を作ります。

 

③ ②の液をミキサーにかけたあと、ざるで濾します。

 

濾せなかったものがざるに残ったので、後日また再利用の方法を考えたいと思います。

 

④ おろし金で石鹸を削ります。ベニシアさんの本では大さじ4とありましたので、私もだいたいそのくらいの量になるように石鹸をおろし金で削りました。

削った石鹸はシャンプーを入れる瓶の中に入れます。

 f:id:hachiroku48:20190905194038j:plain

写真だと液の上に石鹸がのっていますが、これだと石鹸が溶けなかったので、先に石鹸を入れておいて、その上に温かい③の液を入れたほうがいいのかなと思いました。

 

⑤  濾した③の液を削った石鹸が入っている④の瓶の中に入れます。

多すぎた場合は残った分は別の容器に入れておき、シャンプーが少なくなったら少しずつ足そうと考えております。

 

⑥ ⑤の瓶の中にラベンダーの精油を入れて、割り箸で掻き混ぜます。

 

ベニシアさんの本によると2ヶ月以内に使い切るようにと書いてありました。

保存料が入っていないので、なるべく早めに使ったほうがいいですね。

瓶もちょっと小さめを買ったのも、なるべく早く使い切るというのもあります。

シャンプーですが、石鹸も入っているので、ボディーソープみたいにして使ってもいいかもしれませんね。

 

また昆布とローズマリーが溜まってきたらやろうと思います。